読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かを書きたいけれどそれが何なのか分からない

ぼやき

ちょっと今回はグダグタと思ってたことを色々と吐き出させてください。お願いします。

 

何を書いたらいいのか分からない病

単刀直入に言うと、「ブログを書きたいのに何を書いたらいいのか分からなくてフラストレーションが溜まっている」って感じです。

 

ブログを続けるのが嫌になったとか、辞めたいとかそういうのでは全くないです。もしそうなってたら、Twitterもやめて、気づかないうちにスーッと消えてます。でも、またここに戻っている気がします。

 

自分で言ったらおしまいなんですが、「中身スッカスカだな」という記事ばかりで本当に申し訳ない!!チラシの裏に書けばいいじゃん、というようなものしか生産出来ないのが辛いです!

 

人との関わり度合いも記事の質に反映される?

これまた自分でいうのもあれなんですけど、高校に通っていた時の方が文章キレッキレな気がしてならないんですよね。

 

気のせいかもしれないんですけど、私の場合は少し人との関わりを持ってた方が生活にハリが出るようなタイプかもしれません。完全に関わりを断つとかは、なんか違う気がする。

 

あと、長期休暇だとダラッダラしっぱなしなので短期休暇のほうが私には合っていると思うんですよね…。(単に休みの使い方が悪いだけかもですが)

 

「読まれたい」という思いが根底にある

書いていて気がついたけど、私ってニート気質な人間ではないのだなってこと。そう思い込んでたけど、自分の中で「誰かに必要とされたい」って思いが少なからずあります。

 

もちろん、ブログをたくさん読んでもらいたいという思いだってある。一番は、そこかもしれませんね。

 

ブログで〇万稼いでいるとか〇〇PV達成した!というのを見ると、やっぱり羨ましく感じる。

 

最後に

ここからめちゃくちゃ話が飛びますが、もう1度「原点に戻る」ことにしました。まず、丁寧に一記事を作るというとこから始めます。

 

そんで、「書きたいと思うことを恐れないで書く」というのを忘れないでいたいです。炎上覚悟で書く、くらいの気持ちでいきたいと思います。今まで結構抑圧してきた部分があるので。(だからと言ってあまり燃えすぎるのは嫌だけど…)

 

というわけで、また次回からよろしくお願いします!

 

最後まで閲覧ありがとうございました!!

 

おわり

私は牛乳が飲めない体質である

雑記

突然だが、皆さんは牛乳が好きだろうか。

私は好きだ。大好きだ。

f:id:litoli:20170307180543p:image

そんな私は、二年前くらいから何故か飲めなくなってしまった。

 

ある日、牛乳を飲む時にお腹を下すことが多くなったことに気がついたのである。

 

悲しいことだが、それ以来、飲むことは避けている。牛乳が嫌いだったら良かったのになあと思う。

 

だが、あることに気がついた。

 

不思議なことにチーズやアイスクリームを食べたり、いちごミルクを飲んだりしてもお腹を下すことはない。

もしかしたら、量も関係しているのかもしれない。

 

しかし、牛乳だけを飲むとダメなのがまた辛いところだ。

 

今まで放ったらかしにしておいた自分も阿呆だと思ったが気になるので調べてみた。

どうやら、「乳糖不耐症」と言うらしい。何だそれ。初めて聴いたぞ。

 

乳糖不耐症 - Wikipedia

 

悲しいことに日本人は乳糖なんちゃらになりやすいらしい。調べてみても、治るとかそういったものは何もなかった。

 

科学が進歩したとしても、これはどうしようもないのだという事実を突きつけられた気分だ。

 

希望の「き」の文字も見つからない。

 

牛乳が飲めない!お腹ゴロゴロ、腹痛、下痢の原因と対策!【乳糖不耐症まとめ】 - 意識高い系ズボラ

↑この記事によると、乳糖の少ない牛乳もあるらしい…。

が、全く飲みたいと思わない。ていうか、めちゃくちゃ不味そう。(我儘すぎ)

 

切実に、普通に牛乳を飲みたいのだ。

 

いや、そんなことを言ったってどうしようもないのは分かっている!!

分かっているけど、そう思わずにはいられないのだ!!

 

嗚呼、奇跡でもいいから、いつか普通に牛乳を飲める日がこないだろうか……。

 

おわり

久々に面白いと思ったアニメ3作品

雑記

ご無沙汰してました、みかんです!

ここ数日はずーーっとアニメ見てました。

今回は全視聴・途中視聴も含めて面白いと思った作品を紹介したいと思います。

 

文豪ストレイドッグス(視聴済み)

f:id:litoli:20170306125143j:image

わたくしイチオシの作品です。

これは久しぶりに「良作だ!!」と思ったアニメです。1話から引き込まれてしまったのですが、そういうのってなかなかないんですよね。

 

原作を読むつもりはなかったのですが、読みたくなりました。人によるかも知れませんが、私は原作未読でもめちゃくちゃ楽しめました。

 

この作品は実在する文豪たちが「異能力バトル」を繰り広げるわけですが、そこ以外にも目を向けて欲しいなと思います。

 

坂本ですが?(7話まで視聴)

f:id:litoli:20170306130340j:image

この作品は原作も読んだのですが、アニメ化されると更に面白いですね。

ストーリーはもちろんのこと、オープニングも笑いどころ満載です。エンディングが意外にもしっとりしてて笑いました。

 

この作品も原作を読んだことがない方でも充分楽しめると思います。

 

見た感想は、なんと言えばいいんですかね…。とにかく、「坂本くんすごい」としか言えません。真面目にあんなことをしてのける坂本くんを尊敬します(言い過ぎ)

 

女子は勿論のこと、不良の心でさえも鷲掴みにしてしまうのですから彼は本当にすごいです。

 

疲れた時に見てみてはどうでしょうか。

 

斉木楠雄のΨ難(3話まで視聴)

f:id:litoli:20170306131849j:image

こちらもギャグアニメです。

現在も少年ジャンプで連載中ですね。

 

原作をアニメ化したらどうなるのかなーと思ってましたが、こちらもなかなか面白い。

神谷さんの演技も結構ハマっているなーと思いました。

 

主人公は超能力を持っていますが、結構厄介な能力なのでそこまで嬉しそうでもないんですよね。(例:人の考えていることが分かる、自分に対してどのくらい好感を持っているか分かるなどなど)

 

そこに癖のある登場人物が出てくるわけだから、苦労が絶えないだろうなーと思いながら見てました。斉木くん、ファイト。(もはや感想でも何でもない)

 

クスッと笑いたい時にどうぞ!!

 

最後に

久しぶりに文章書いたので読みづらかったでしょう。ちょっとリハビリ程度にまた色々と書いていきます。

 

話は脱線しますが、「やっぱりアニメ好きだ」と思いましたね。わたしの生活からは、切り離せないくらいアニメが好きだと再認識しました。

 

そして、dアニメという素晴らしいコンテンツがあって本当に良かった。月額400円で見放題って最高。(ドコモ以外の方でも登録できます)

 

今後も面白いと思った作品を紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!!

 

皆様も、楽しいアニメライフを!!

 

おわり

無事に卒業しました

本日、高校を卒業しました。


ようやく、卒業したのだなと実感しています。


自分でも驚くほど涙が流れて、ちょっと驚きました。

人前で泣いたのはこれが初めてかもしれません。


むしろ、今まで我慢しすぎていたのかもしれないなと思っています。


涙と共に、辛かった記憶も流れていき、今はとても清々しい気持ちです。


思い出を美化しすぎだと言われるかもしれませんが、この3年間を一生忘れることはないでしょう。


それくらい、個性的なクラスメイトたちでした。そして、そんなところに救われた時もありました。


あと、ここまでくるまでに色々あったけれど、それを含めて今は両親にありがとうの気持ちでいっぱいです。


本当にありがとうございます。


これから新しい世界に飛び込みますが、精一杯楽しんでいきます。


おわり

のんびり、のほほんといきましょう(∗ ˊωˋ ∗)

雑記 思うこと

このところ、なんだか追われているような気がして。

 

それはきっと、「早くしなきゃ、早くしなきゃ」っていう気持ちが根底にあるからだと思うんですよね。

 

しかし、「そんなに急いでどうするの?」と思ったり。

 

そこで、なんか急いでるな〜と思ったら、のんびり、のほほんを意識してみることにしました(*^-^*)

 

最近、こういう感覚を忘れてかけていたような気がする。多分また、「世間」に飲み込まれそうになっているだと思う。

 

ゆっくりお茶飲んだり、ゆっくり本を読んだり、ゆっくり好きなブログを読んだり。それでいいのだ。

 

phaさんの「しないことリスト」にも書いてあったけど、しなくちゃいけないことはそんなに多くはないのでしょう。

 

「しなくちゃ」は本当にしなくちゃいけないことなのかを、自分の心に問いかけたいと思う。

f:id:litoli:20170226125345j:image

 (疲れている時、急いでいる時に召喚しようと思う、のほほんさん。なんか可愛くて癒されるキャラクターを描こうとしたらこうなった)

 

しないことリスト

しないことリスト

 

というわけで、今日からのんびり、のほんんといきます。

 

たまに、こういうイラストも添えていきたい。

 

追記:これからちょっとブログの更新頻度落とします。本当に書きたくなったら、ここに来るという感じ。

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございました(´ω`)

 

おわり

【女性向け】パーソナルカラーと骨格診断をやってみた!(自己診断)

雑記

今回は、女性向け寄りの記事となっております。

男性でも興味のある方はぜひ読んでみてください。(パーソナルカラーや骨格診断は男性バージョンもあります。詳しくはグーグル先生に聞いてみてください)

 

パーソナルカラーって?

肌の色は人それぞれ違うので、似合う色も(例えば赤は赤でも)違います。あなたの魅力を引き出す「似合う色」をパーソナルカラーと言います。

似合う色のグループを、その色グループの持つイメージで「春」「夏」「秋」「冬」の4つに分類する方法を、フォーシーズン分類といいます。(color naviから引用)

といったように、春夏秋冬のグループがあります。

ちなみに私は、サマー(夏)タイプでした。

 

サマータイプに似合う色は?

f:id:litoli:20170226000758g:image

ソフトで優しく、明るい色が似合うタイプです。
パステルカラーや柔らかい感じのする素材でコーディネートすると、エレガントでオシャレな雰囲気がよりでます。(color naviから引用)

ふむふむ、明るい色が似合うとはなんだか意外です。上記の写真のような色の服はめったに着ません。

 

私は暗めの色ばっかりきてたので、今年の春からはちょっと明るめの色の服を意識して着てみようかと思います。

 

イメチェンも兼ねてね!

 

骨格診断とは?

説明しようと思いましたが、長くなりそうな予感がしたので割愛。

 

↓こちらのリンクから

骨格診断とは|一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会

 (骨格診断のことから骨格タイプのことまでなんでも書いてます)

 

骨格タイプはウェーブ

話をすっ飛ばしますが(すっ飛ばしすぎだ)、自己診断で「ウェーブ」でした。

最初はそんなわけあるか!と思いましたが、ウェーブの特徴を見て「ああ、なるほどな」となりました。

 

f:id:litoli:20170226002027j:image

ちなみにこういう服が合うそうで。

トップスは短めにして、ボトムスは長めがいいらしいです。あと、手首とか足首を見せた方がいいって書いてました。

 

しかしですね、私、スカートとかめちゃくちゃ苦手なんですよね…。

こんなのキャラじゃない!!と思ってパンツばっかり履いてきたものですから。

 

でも、思い込みをなくして履いてみたら意外と似合うかもしれないですよね。

そう思うと、ちょっと履いてみようかな…という気になりました。

 

スカートを着用してみるというのも、今年の課題かなあ。(大げさ)

 

最後に

自己診断なのであっているかは分かりませんが、多分だいたい合っているでしょう。(雑)

 

まあでも、プロの方に見てもらえる機会があれば参加したいと考えてます。

 

前よりも、オシャレを楽しめたらいいなあと思っています。

こういうものを通して、新たな自分を見つけられたらいいですよね。

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございました!

 

おわり

鏡を見つめて自分の顔を好きになる

雑記

こんにちは、みかんです!

皆さんは、自分の顔って好きですか?それとも、嫌いですか?

今日は、自分の顔がテーマです。

 

鏡の向こうの自分に微笑みかける

最近やり始めたことなのですが、これが結構楽しいんです。

ネットの記事で作り笑いでも脳を騙せるというのをみて、「じゃあやってみるか!」ということで始めてみました。

 

始めた当初は、気恥ずかしさの方が勝ってなかなか笑顔を作れませんでした。

しかし、次第に少しずつ変化が…。

 

そのおかげなのか、ちょっとだけ自然に笑顔が出るように(*´ω`*)

顔が全体的に明るくなったようなきがします。

 

自分の顔も好きになってきた

実は、自分の顔があまり好きではなかった私。

特に、鼻の形と目です。

 

目は一重なのですが、二重の人がとにかく羨ましくて仕方がなかったですね。

必死で二重を作ったりなんだりしてましたが、結局失敗に終わり面倒くさくなって放置(笑)

 

だけど、それはそれで良かったなあと思っています。

今は、この目が好きです。

 

鼻の形も、ちょっと好きになってきました。

シュッとした鼻筋がよかったけど、今の鼻じゃないとこの穏やかな雰囲気は出ないだろうなーとも思うのです。

 

何事も捉え方次第だなと思いました。

 

最後に

自分の顔を好きになれない。という方におすすめです。

 

私はこれからも続けていこうと思っています!

参考になれば幸いです。

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございました!

 

おわり

食欲が止まらない!!!

雑記

こんばんは、みかんです!

タイトルの通り、食欲が止まりません。

全てのものが美味しそうに見えます。

 

特に今週はもっと酷い。

食べすぎでお腹壊しましたから。

 

しかし、今回が初めてではありません。

多分一時的なものだとは思いますが、食欲が止まらないっていうのはなかなかキツイものですよ。

 

f:id:litoli:20170223232254j:image

(画像はイメージです。割と今こんな感じです本当に)

 

ブロガーさんの食レポとかね、更に食欲が刺激されて大変。

逆に思春期の頃はそんなに食べてなかったから、その反動が今来たのかな??と思っています。(メンタル面も色々と酷かった時期でもある)

 

頭の中は、「今日何食べようかな~」です。以前の私には考えられないこと。

あとですね、母が作る夕飯がね、メッッッチャ楽しみなのですよ!!!!

 

今日食べた野菜炒めとか豚汁がめちゃくちゃ美味しかったです。残り物があるので明日も食べられるという幸せ(今それ関係ない)

 

ちょっと脱線しましたが、間食も増えてきたのでそういう時は飴とか食べるようにしてます(; ・`д・´)

 

こういう時って本当に飴は便利。小腹すいたら食べてます。

 

まあでも、悪いことばっかりではないなーとも思ってます。

こうして美味しくご飯を食べられるようになったことはとても幸せなことです。

 

健康面に関しては気を付けつつ、「食べること」を楽しんでいきたいと思います(*´﹃`*)

 

果たして、この食欲はいつまで続くのだろうか…

 

To be continued…

卒業

思うこと わたしのこと

平成二十九年三月、とうとう私は高校を卒業する。

 

長いようで短かった。でも、濃密な日々だったと思う。

 

達成感ではないけれど、「やってやったぞ!!」という気持ちはある。

 

嬉しさとかそういうのじゃなくて、誇らしさとでも言うのかな。清々しい気持ちだ。

 

休学期間を含めると、高校に在籍していたのは4年間ほどだ。この4年間は、確かに苦しかったが、楽しかったこともある。

 

振り返れば、まあよく「もう一度、二年生からやり直す」と選択したもんだ。年下の女の子たちと、一緒に授業なんて無理だろう…なんて言ってたのが懐かしく感じる。

 

ある日、「たとえ年下でも、知らない人ばっかりだからそのほうが気楽かもしれない」というような考えが舞い降りてきたのを今でも覚えている。

とはいえ、教室に入る瞬間は凄く緊張した。例えるならば、「一人で猛獣の群れに飛び込む」ような感覚だ。逃げたい、帰りたい、そんな思いで沢山だった。

 

教室に入ると予想通りの反応である。ヒソヒソヒソヒソ、話しているのは多分私のことだ。それくらいは予想の範囲内だったから乗り越えられた。

 

一体これからどうなるのだろう…と思っていた矢先、声を掛けてきた女の子がいた。その子とは今たまにしか話さないが、この子がいなければ多分学校をやめていただろう。

 

過ごしていくうちに友人関係の輪は広がっていった。意外にも、自分が年上であるということを知らない人はいたようだ。

 

それはそれで助かるし、すごくホットした。

誰一人、「あのさ、年上なんだよね?」と直接言ってくることもなかった。(もし居たら強者だw)

 

彼女たちはどう思っているのかは分からないが、楽しい学生生活を送らせてくれてありがとうと私は思っている。

 

居心地の悪さを感じることはあった。嫌になることも沢山あった。

自分と年が1個も違う子と比べて、劣等感を抱くこともあった。

しかし、クラスメイトの一員としていられたことが嬉しい。

 

本当にありがとう。

お世辞でもなんでもなく、本当にそう思う。

 

あと、悩む私の声に耳を傾けてくれた先生たち。ありがとう。

???と疑問に思うようなこともあったが、先生たちの存在は大きかった。

 

そして、4年間本当にお疲れ様でした、わたし。

 

おわり 

 

恋がしたい

雑記 わたしのこと

f:id:litoli:20170219131325j:image

(画像はGIRLY DROPさんからお借りしました。)

 

今までこういうことに関しては見て見ぬふりしてきましたけどねぇ…やっぱり男性とお付き合いしたいですよ!!恋とかしたいですよ!!

 

他人と関わるのは面倒くさいとか言っている割には、こんなことを思っている私です。

 

振り返れば、そういう気持ちから目を逸らすために興味の無いふりをしていたのかもしれませんね。

 

友人や家族にはクールぶって、 

恋愛とか、全く興味無い。彼氏とか必要ないわ~。

結婚とか面倒くさそうだからしないな~。

 

とか言ってたけど、心の中は

「ウソウソウソ!めちゃくちゃ関心ある!」って感じですよ!!

 

なんで急に恋したいとか言い出したん??と思っているでしょう。

この記事がきっかけです。

彼氏いない歴=年齢の私に彼氏ができました。 - yukatoyama.com

 

私にも、こういう感情があるのだと改めて気が付きましたよ。

 

彼氏いない歴=年齢、のわたしにとってはもう希望の光でございます。ええ。

 

深夜テンションでこんなツイートするくらいですからね。本当におめでたいことです。

 

ですが、3年間女子高だったので男性とはあまり接点がなかったわけです。(そういう機会を作らなかったってのもあるけど)

 

苦手とまではいかないですが、やっぱり緊張します。しかし、やっぱり憧れるのです。

 

街中でカップルとか見かけると、いいな〜とか思ったりします。

 

その前に、私は人を好きになる、人に好意を持たれるということに対してちょっと恐怖心があります。

 

私なんかが人を好きになっていいのか、こんな私でいいのか…とか、時々そういうことを考える時があります。

 

だけど、そこから目を逸らしちゃいけないと思うのです。向き合わないと、きっとこのままだ。

 

そういう自分をちゃんと愛するところから始めよう。そう思った日曜の午後。

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございます。

 

おわり。