読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるログ

ゆるい雑記系ブログ

私は仕事に対してとんでもない思い込みをしているのではないか

どうしてこんなことを書こうと思ったのか。

↓それはこの記事がきっかけ。

就活したくない人は、ブログでもやって自分の無能さに絶望してみて! - らんらん分析(´・ω・`)♪ 

 

私の仕事に対してのイメージ

実は先日ノートに仕事に対して思っていることを書き出してみました。

  • 嫌がらせをされる
  • 精神を病みそう
  • ブラックな労働環境が多そう
  • 仕事は楽しくないもの
  • 喋る時にどもって失敗しそう
  • 接客にクレームが来そう
  • お局さんに何かされそう
  • 容姿のことで何か言われそう
  • 覚えるのに苦労しそう

 

冷静に考えてみると、これって全て憶測にすぎないんですよね。

妄想が飛躍しすぎてて、思い込みが酷すぎるって自分でも思います。

 

バイト経験がない

実は私、バイト経験がありません。

 

高校では許可を取れば出来たのですが、このようなイメージが先行して挑戦できませんでした。

 

ですが、今年からは専門学校に通うし、新しいことにチャレンジするのにうってつけの機会。

これを機に、「社会とはどんなところか」を自分の目でちゃんと見ようと思います。

自分の目で見ないと分からないことってたくさんあるはずです。

 

バイト先は学校側が紹介してくれそうなので、自分に出来そうなものから挑戦していきたいです。

 

一度、自分が作り上げたイメージは取っ払って、とにかくやってみなよ!!精神でいきます( ̄^ ̄)

 

社会が厳しいかは出てみないとわからない

親や教師からよく言われる「社会は厳しい」という言葉。

最近、「本当にそうか?」と疑うようにしています。

それは、その人が見て感じたことであって、私が実際社会に出たらどう思うかは分からないですよね。

そういう言葉に踊らされて、マイナスイメージを持つのは非常に勿体ないなと思いました。

自分のことを無能だと思っている

直接誰かに「お前は無能だ!」と言われたわけではありません。

実際今もそう思っています。

多分これは、過去のことが大きく影響しています。

まず、父に「お前は勉強しかできない」と言われたことで自分のことをダメ人間だと思うようになりました。

この記事でも書いているように相当ショックが大きかったです。

今でも覚えているくらいですから。

litoli.hatenablog.com

 

あとは、一種の防御反応みたいなものなのかな。

うまく言えないけど、そんな感じ。

 

だけど、それは言われてから考えればいいことですよね。

こういう思い込みも少しずつ取り払っていきたいです。

最後に

まとまりのない記事になってしまいましたが、吐き出してすっきりしました。

 

書いているとき、仕事って私が考えているよりも楽しいことかもしれない、そんな思いがよぎりました。

 

というわけで、今年は新たにアルバイトに挑戦します!!

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございました!

 

おわり

広告を非表示にする