読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるログ

ゆるい雑記系ブログ

【感想】人間関係に悩んでいる人に読んでほしい「嫌われる勇気」

嫌われる勇気、読みました。

引用を挟みながら紹介しようと思いましたが、感じたことを簡潔に書いていくことにしました。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

人間関係に悩んでいる人に読んでほしい

最初に言っておきたいことは、アドラー心理学はすべての人に通用するとは限らないということです。

 

私は、少しでも人間関係の悩みを減らしたいと思ったから本書を手に取りました。

だから、私のように、過去のことや人間関係に悩んでいる人に読んでほしいと思います。

 

実践するのは容易ではない

こんなの実践出来るわけないじゃん!というレビューが多かったのですが、そう思うのも無理はないです。

この本に登場する哲人も、「理解はできても実践するのは非常に難しい」と言っています。

 

実際、私もすべてを理解出来てはいません。正直、こんな理論って有り得るの?と思いました。

 

ですが、難しいというだけで「出来ない」とは言っていません。自分が出来る範囲で実践することは可能だと思います。

 

それをやるかやらないの違いだと思いました。

 

アドラー心理学の入門書

一言でまとめるならば、この本はアドラー心理学の入門書のようなものだなと思いました。

 

青年と哲人の会話形式になっていて、非常に読みやすいです。途中からは、物語を読むような感覚でしたね。

 

青年のキャラクターは受け入れられない!という方もいましたが、私は結構好きですね。

青年がいたからこそ、最後まで読み進められました。(ごり押し感ハンパなくて申し訳ない!!)

 

とはいえ、やっぱり難しいですけどね。

しかし、この本が最も入門書に近いのではないでしょうか。

 

最後に

総合的に見て、良いとか悪いとかじゃなく、単純に面白いと思いました。

 

少しだけですが、過去に対しての見方が変わりました。

 

すべては自分がどう捉えるか、受け取るのか。「わたし」次第なのだと思っています。

 

まあ、アドラーの言うことをすべて鵜呑みにするのはあれですがね( ̄▽ ̄;)

 

最後に、一番印象に残っている言葉を載せて締めます。

 

自分を変えられるのは、自分だけです。by哲人

 

今日も最後まで閲覧ありがとうございました!

 

おわり 

広告を非表示にする