ゆるログ

ゆるいようなゆるくないような雑記系ブログ

「空気読めよ」が大っ嫌いだ

小学校の時だったと思う。

 

議題内容は覚えてないけど、必ず全員意見を述べなければいけなかった。

私が一番嫌いな時間でもある。

 

私が意見しようと思った時には、もう結果は既に見えていた。今さら意見を言ったところで覆らないだろうなと。

 

でも、私は私が納得いくほうを選んだ。

そうしないといけないと直感的に感じたからだ。

 

意見を述べると、「空気読めよ」というコトバが聞こえてきた。

私は言い返さなかったが、頭の中は「???」でいっぱいである。

 

個人の意見を述べる時なのに、何故空気を読んで発言しなければいけないのか。なんじゃそりゃ。全く意味がわからない。

 

ていうかさ、もはやそれって「自分の意見」ではないよね??大多数の意見に流されて、「こっちに投票しとけばいいか」ってなっただけだよね。

 

これ以来、「空気読めよ」が私の中での

地雷です。

 

空気読んでりゃそれでいい。本当にそれでいいんですかね。

 

例えそういう雰囲気であったとしても、勇気を出して自分の考えを述べることが大切だと思います。

 

道徳の時間が、こんなふうになりそうで本当に怖い。

 

改めて、「空気読めよ」と思っている方たちに問いたいです。

 

おわり